エアーウォッシュ概要

高濃度オゾンの強力な酸化還元により短時間で既存の悪臭・雑菌を脱臭・殺菌します。
(施工時は、高濃度オゾンを使用しますので無人環境で行います。)

オゾンとは?

オゾン(O3)という言葉を聞いたことはありますか?
例えば、有害な紫外線から生物を守る「オゾン層」なら、ご存知の方も多いでしょう。

オゾンは大気中に自然に存在し、大気を自浄する働き(消臭・脱色)をしています。日差しの強い海岸などでは0.03 ~ 0.06ppm、森林では0.05~0.08ppmの濃度が観測されています。

オゾンは基本的に目で確認できませんが、臭いとして確認することができます。森林などの爽やかな空気には、オゾンが含まれているのです。

オゾンは残留毒性がありません。

オゾンは酸素(O2)と酸素原子(O2)によって構成されています。
オゾン分子(O3)は、きわめて反応性の高い物質であり、時間とともに安定した酸素(O2)に戻ろうとする性質をもっており、反応後は残留物を出さない、きわめて安全な物質です。

オゾン除菌・消臭の秘密

オゾンの強い酸化力は、除菌や消臭において、その威力を発揮します。細菌や悪臭物質の成分の多くは、酸素原子と非常に反応が速いので、オゾンによる除菌・消臭はとても効果的なのです。

右図は、消臭メカニズムの一例です。この図からも分かるように、酸化反応後は、オゾンは酸素に戻り、分かれた酸素分子は細胞膜を酸化させることで細胞そのものを分解(死滅)させます。芳香剤のように、悪臭を一時的に閉じ込めるのではなく、悪臭を元から断つので、臭いが戻ることはありません。もちろん、二次公害に繋がる有害な物質を出す心配も一切ありません。

オゾンは、強力な除菌・消臭力を持ちながら、環境に限りなく優しい物質といえるでしょう。

オゾンによる除菌効果

一般に、薬剤による除菌の場合、細菌やウイルスの細胞の核に作用し除菌します。これでは、その薬剤に対する耐性を持った菌やウイルスが発生する恐れがあります。 一方オゾンによる除菌は、細胞膜を破壊します。細胞膜が破壊されたことで細胞の核が溶け、菌が死滅しますので、耐性菌が発生する恐れはありません。さらに、オゾンは作用後、酸素へ戻るので安全です。

エアウオッシュの製品資料をダウンロード